札幌市豊平区 段差でガタガタ音がする変だよこれは|アップル車検 札幌月寒店 小林兄弟自動車 アップル車検の小林兄弟自動車

サブページメイン画像

札幌車検|パッソ 各所整備メンテンナス

 受入検査

車検を実施するにあたり各所が保安基準に適合しているかを確認していきます。劣化しているところやオイルが漏れている部、使用により摩耗しているところなど基準に準じてまた予防が必要なことをプロの目で確認しながら確認をしていきます。

 フロントサスペンション左右ロワアームガタ

受入検査にて足回りのガタを確認したところロワアームの矢印部位のブッシュの劣化損傷によりガタが
生じていました。ガタのある状態では車検の継続ができないため交換をすることになりました。

 運転席ロワアームを外しました。助手席も同様の作業を実施

分解した状態です。

 新しいロワアームが装着されました。助手席も同様の作業を実施

この部分が損傷していると一番左のボールジョイントという部分が抜けてタイヤが外れてしまう場合も時と場合に
よってあることがあります。

 リヤ右スプリングブッシュ損傷

右後ろのスプリングブッシュのベースはボルトで上に、そして本体のゴムはスプリングの中で遊んでいる状態
でした。これは通常上部に土台とともにしっかりこていされているもので、本来はサスペンションの衝撃を車体と
後ろの動力のホーシングというものを干渉させないようにするものです。

 新品のスプリングブッシュ

整備後のスプリングブッシュです。本来の状態へ安心ですね。

 リヤブレーキ摩耗

矢印の部分をブレーキライニングと言います。前と後ろにライニングがあり前側が減りやすい傾向にあります。
もし整備せず利用し続けるとこの相手側のブレーキドラムというものを傷つけてしますその後の整備費用が高く
つきます。やはり定期的な点検確認予防整備が先を見た場合車の維持費を抑えることができます。

 新しいブレーキライニングへ交換しました。

右後ろのブレーキ部位の画像です。右側のブレーキライニングが新しい状態です。後ろ側はまだ使用できるので
ブレーキの当たり面ドラム部をペーパー調整をしライニングとバックプレートの当たる部分にはしっかり
作動するようにブレーキグリースを前後6か所に給油しています。

 リヤデファレンシャルからデフオイル漏れ

写真の状況はオイル漏れを洗浄したのちです。

 プロペラシャフトを外しフランジヨークを分解

画像部位にオイルシールがあるのですがそこの劣化からオイル漏れが発生していました。
新しいデフミッドシールへ交換をし元の状態へ組付けなおし整備を進めます。


お見積もりは無料!
無料代車あり。
アップル車検札幌月寒店 小林兄弟自動車工業有限会社
所在地  062-0052 北海道札幌市豊平区月寒東2条19丁目2番24号
フリーダイヤル:0120−91−3989
代表電話:011−852−2425 ナビに登録する番号はこちら
メールでのお問い合わせは tukisamu@apl21.com
定休日  日曜日 祝日 第二土曜日 年末年始 GW お盆休み
営業時間 AM8:30~12:00 PM13:00〜17:30

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0120-91-3989
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検・点検・整備/お客様の声の他のページ